ユールファーナ初の小倉1200で躍動!!最速の上がり33秒台で2着と大健闘♪

ユールファーナ初の小倉1200で躍動!!最速の上がり33秒台で2着と大健闘♪

本来の実力発揮か!?

小倉9R 4歳以上1勝クラス 芝1200m(牝)

(JRA)

前走の昇級初戦は13着と全く走れなかったユールファーナでしたが、今日は上がり最速の末脚で2着と大健闘してくれました。そしてデビュー時の2戦以来の1200mで、札幌以来の小回りコース初の小倉で結果を出してくれました。

叩き良化型と思いますし前走の敗因がトモがはまらないという原因がよく分からないものでしたので、今回は滞在2走目につながる競馬をしてくれればよいと思っていましたが、その思いを大幅に上回ってくれました。

元々、未勝利戦の頃から掲示板を確保し続けてくれていますので、実力も安定感もある仔でしたから、前走だけ度外視と考えれば、今回は本来の走りに戻ったということでしょう。

今回は余裕残しの仕上げですから、馬体を確認してからの判断ということですが、次はさらによく動けると思いますので、続戦でも同じく好走を期待したいと思います。

ユールファーナよくがんばりました♪
和田先生の小倉1200m挑戦の選択にも感謝しかありません

レース回顧

(画像:JRA)

1.発馬は五分に反応するもやや足踏みする感じで後手になります
2.同じくスタートが良くなかった1枠のリャスナがすぐに先団に取り付いているのに
ユールファーナは菱田騎手の直線勝負の作戦のため後方待機です
3.残り600mでも最後方を追走します
4.直線の入口で外に出します。まだブービーの位置です
前にいる馬が勝ち馬で、この差が明暗を分けました
5.残り200mでも脚色は衰えず、さらに勢いを増します
ただ、前の勝ち馬を捕まえ切れません
6.2馬身差の2着でゴールです!!
和田先生、菱田騎手の作戦が見事はまりましたし、
ユールファーナもそれに応えよく最後まで伸びました♪

近況報告

21/2/7  小倉競馬場
7日の小倉競馬では出が遅く最後方から。じっくり溜めて直線へ向かうと外からグイグイ伸びてくるが2着まで。「今回は滞在ということを考えて小倉へ向かいましたが、これまで使ってきた条件とは異なりました。中間の稽古での前向きさから1800mよりは1200mがいいと判断したわけですが、ピッタリというわけではないし、1200m用のスタートを切れるとは思っていませんでしたから速くないことは想定していました。作戦に関してはそのことも把握してもらったうえでジョッキーに託してあったのですが、彼も“直線勝負にします”とレース前から腹をくくった競馬をするつもりでいたようで、見ておられる方々はヒヤヒヤされたかと思いますが作戦に徹して進めていたものでした。展開が向いたというのもあるのでしょうけれども、良い伸びを見せてくれましたね。今後につながる走りだったと思います。来週からコース替わりするのでまた馬場傾向も変わってくることでしょうから、このまま使うとしても慎重に判断したいと思っています。それに、もし気負いが見られたり、肉体的に疲れが出るようならばここで無理をするのも良くないので、慎重に見極めたうえで今後の方針を判断させてください」(和田勇師)前走では思うような走りができず首をかしげなくなる思いでしたが、その後立て直しを図ったことで帰厩後の調整はいい感じで行えていました。仕上がりという点では一度使ってからかもしれないというコメントもありましたが、走りのバランスは悪くなく、この馬としては落ち着きを保てていたことから今回のレースへ臨んだところ、最後は見どころたっぷりの走りを見せてくれました。展開が向いたということが大きかったのでしょうけれども次が楽しみになりました。できれば続戦したいと考えていますが、あくまでもレース後の疲労度合い、テンション面を踏まえたうえで判断していきます。

CARROT CLUB