ステラリード’19成長期を向かえ顔付きも精悍に♪クラブを代表する存在になってほしい

ステラリード’19成長期を向かえ顔付きも精悍に♪クラブを代表する存在になってほしい

坂路の時計が1ヶ月ごとに速くなっていて、調教が順調に進んでいることが分かります。負荷がかかっても馬体重が大きく増えているので飼い葉食いも良く、食べた物が身に付いていることも分かります。まさに今が成長期でしょうか

気性のほうもテンションは相変わらず高めですが、走りには影響していないということで、以前の投稿で賢弟と書きましたが、オンオフの切り替えができる辺り、本当に賢さも備えてそうです

心なしか顔付きも精悍になってきたように見えます。今後は更に坂路の時計を早めていくようですので、難なくこなして心身ともに更なる成長を期待します。

動画では一緒に走っている馬はミスペンバリー’19でしょうか。この2頭には、19産世代の広尾TCを代表する馬になってほしいと思います。期待馬同士で切磋琢磨してお互いを高めていってほしいです。

21.02.12  シュウジデイファーム在厩。
おもにBTCの直線ウッドチップ馬場や屋内坂路にて、ハロン16~22秒ペースのキャンター1~2本を乗り込まれています。馬体重528kg(1月下旬測定)
「相変わらずややテンションが高めですが、運動始めなどに煩くすることはあっても、走ることに対しては真面目ですからね。そこはカイザーノヴァと一緒だと思います。元気が良いのは褒められること。今後は2F15-16程度も取り入れつつ進めていきましょう」(石川代表)

21.01.15 シュウジデイファーム在厩。
おもにBTCの直線ウッドチップ馬場や屋内坂路にて、ハロン19~24秒ペースのキャンター1~2本を乗られています。馬体重502kg(12月下旬測定)
「テンションが高めなのは母系の血ですかね。それでも調教時は集中して走ってくれますし、順調に乗ることができていますよ。カイザーノヴァよりも胴が長く映り、飛節の折りがやや深め。体つきはひと回り大きく育ってきました。目下は過負荷にならないよう注意しながら、じっくりと基礎を固めていきたいと思います」(石川代表)

広尾サラブレッド倶楽部